Doraの写真機日記

カメラ購入記録や、そのカメラで写した写真をアップしています。最近は、デジタルカメラでの撮影が多くなってしまいました。それでもレンズはMFレンズを使うこともあります。

MOSKVA2の試写

10月30日のブログで、MOSKVA(旧ソ連の蛇腹カメラ)を紹介しました。
いずれ試写をと書きましたが、やっとMOSKVA2の試写が出来ましたのでアップします。

まず、カメラの画像です。
05103002.jpg


10月23日に川越で試写をしてきました。
現像に出しに行ったのが遅くなって今頃になってしまいました。
MOSKVA2-01.jpg

MOSKVA2-04.jpg

MOSKVA2-06.jpg

MOSKVA2-07.jpg

スポンサーサイト
  1. 2005/11/19(土) 23:25:30|
  2. ロシアカメラ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

MOSKVA

写真機日記ということで、ロシア(旧ソ連)カメラを紹介します。
ロシアのスプリングカメラというと、モスクワとイスクラしか思いつかないほど、以外に少ないです。
イスクラは持っていないので、モスクワの紹介です。

このカメラは、Zeiss Ikonの名機 Super Ikonta6×9のコピーです。
Super Ikontaについてはこちらを参照ください。
http://219.118.199.234/camera/ikonc.htm

モスクワ・シリーズは 1~5まであって、Ikonta 6×9のコピーである「1」とそれを小型化し専用シートフィルムホルダ仕様にした「3」と、そして Super Ikonta 6×9 のコピーである「2」「4」、少し進化した「5」に分類されます。

右側が「2」、左側が「5」です。
05103001.jpg
「2」と「4」の違いは、「2」は、6×9サイズだけですが、「4」は、マスクをつけることによって6×6サイズも使えます。
「2」「4」と「5」の違いは、軍艦部が金属性の一体型に進化していますが、ビューファインダーが右端に追いやられています。

「2」です。
05103002.jpg

05103003.jpg

05103004.jpg
この機種は、1954年製造です。
レンズは、INDUSTER-23 110㎜/ f4.5です。

続いて「5」です。
05103005.jpg

6×9、マスクを付けて6×6で使えます。
ビューファインダーは、6×9、6×6の切り替えができます。
05103006.jpg

05103007.jpg
この機種は、1957年製造です。
レンズは、INDUSTER-24 105㎜/ f3.5です。

6×9という中判最大フォーマットを誇る蛇腹カメラですので、折りたたむとコンパクトになります。
  1. 2005/10/30(日) 16:45:54|
  2. ロシアカメラ
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:2

Zenit ET

20050206210345.jpg


Zenitは、初代からZenit 3Mまではゼニットマウントといわれ独自のマウント(M39)でした。
Zenit Eから、クイックリターミラー式が取り入れられ、マウントもM42となっています。
自動絞り機構が取り入れられたのは、EMからです。

この機種はETですが、調べてみるとかなり不思議な機種で、手動絞りタイプと自動絞りタイプの両方があるようです。
さらにメーターレス・タイプまで存在するとか。
つまり、Zenit B/E/EMに相当するスペックの機種が、枝番なしの「ET」に一括りになっている感じですね。

また、このETも本家はKMZらしいが、BeLOMOでの生産の方がメインだったようです。
この固体もBeLOMOのマークになってます。

この固体は、まき戻し解除のボタンがなくなっています。当然ジャンクコーナーに置かれていたのを救出したものです。

レンズですが、S-M-C TAKUMAR 135ミリf2.5です。
このレンズは、前期型と、後期型があるそうです。これは、後期型のようです。
なお、このレンズもジャンクコーナーからの救出品です。

西新井大師の白梅です、ピンクに見えてるのは寒桜です。
20050207213340.jpg


ここから、上野東照宮の牡丹苑で撮影しました。わらの雪かこいがしてあります。
20050207213351.jpg


20050207213405.jpg


紅白の梅が、バランスよく咲いてました。逆光ぎみです。
20050207213425.jpg


牡丹を写生する人。光りが入ったみたいです。
20050207213438.jpg

  1. 2005/02/06(日) 21:04:55|
  2. ロシアカメラ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

FED2最終型

20050110204829.jpg


FEDー2の最終型(Type-e)です。
FEDー3と外観はほとんど同じです。どこが違うかと言うと、シャッター速度リングの形状が違います。

このカメラは、King-2という、ロシア・東欧カメラ専門店のジャンクコーナーから救出しました。
以前、ジャンクコーナーはなかったと思ってたのですが、久しぶりに行ったら、お店に入って、直ぐ右の部分に出来ていました。

どこが悪かったかというと、シャッターのバブルがききません。シャッター速度リングが違うみたいです。スプールがありません。ピントは縦ずれがありました。

レンズを付けたところ、距離もだいぶ違っていました。
縦ずれと距離は調整しました。
バルブは、まだ未調整、スプールは他のFED-2物を流用できます。

買ったまま未調整になっているカメラがまだありますので、少しずつ直して行きたいと思ってます。
カメラは、ボディーだけで購入してます。

  1. 2005/01/10(月) 21:20:39|
  2. ロシアカメラ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

2005年最初の買い物

20050105213037.jpg


今年になって、最初の買い物もロシアンになってしまいました。
FED-2です。

お正月休みも、もう終わりなのでカメラ店を歩いてきました。
数店舗を見て回りましたが、値段と状態で自分が購入できそうなものがなく、最後に寄ったお店のジャンク箱の中で、見つけてしまいました。

結構、きれいな固体です。スプールもついていました。
多分、シャッター幕が汚れていたのでは??

FED-2は、Type a~eまでに分類されます。
今回の固体は、Type dで、色は黒です。
レンズは、手持ちのものをつけています。

今年もロシアンが最初になってしまいました。
どんなカメラを買うことになりますか?
  1. 2005/01/05(水) 21:47:11|
  2. ロシアカメラ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
次のページ

プロフィール

Dora

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する