Doraの写真機日記

カメラ購入記録や、そのカメラで写した写真をアップしています。最近は、デジタルカメラでの撮影が多くなってしまいました。それでもレンズはMFレンズを使うこともあります。

銀座松屋で開催の世界の中古カメラ市

2月20日から、銀座の松屋で「世界の中古カメラ市」が開かれています。
例年ですと、土曜日に開店時間に合わせて行くのですが、今年は、仕事の関係で休みがとれませんでした。

土曜日には、サタディーサービスとして、参加している店舗が訳あり品や研究用のカメラやレンズを安価で放出します。
それをねらって、開店前から入口に並ぶファンもいます。
以前は、自分も並んだことがありますが、仕事ではそうもいきません。

今回も知り合いの仲間が何人か出かけていっています。
聞いたところでは、ローライフレックス(一眼レフレンズ付き)と二眼のローライコードが安かったので購入したと聞いています。
他の友人もカメラ1台買ってしまいったと言ってきました。
そんなわけで、今日、出かけてきました。

サービス品はもうないと思っていたのですが、売れのこっていたがあって、値段を見たら300円、2台購入してしまいました。

持ち帰った2台です。
080224001.jpg


PEMTAX MEsuperです。巻き戻しのレバーがありません。
080224002.jpg
値段の紙が2重になっていて、下の紙には3000円となっています。昨日は3000円だったのかも?

Minolta X-7です。「ときどきシャッターダメ」と紙が貼ってあります。プリズムがきれいだったので購入してしまいました。
080224003.jpg
これも下の値段は2000円になっていましたし、一番下は3000円になってました。

持ち帰って2台とも電池を入れてみたら、動いています。シャッター速度表示も概ねあっているみたいです。PENTAXの巻き戻し部分は、部品がありますのでそれをつければ使えます。
2台とも掃除をして、一度使ってみる予定にしています。
スポンサーサイト
  1. 2008/02/24(日) 21:40:44|
  2. ジャンク
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

向島百花園

例年になく寒い2月が続いているようで、天気予報でも平均気温が8度台で20年ぶりとか放送していました。
2月に入ると、都内でも湯島天神や向島百花園では梅祭りが始まります。

毎年、向島百花園に、節分草を見に行くことにしていますが、今年も出かけてきました。
都内で咲いているの場所は、ここしか知らないので、、
今年は、4つしか花がさいていなかったです。

梅祭りも始まっていて、週末には、大道芸もみられるそうです。
小さな庭園ですが、これから梅は見ごろにりますし、フキノトウも出てくると思います。
入園料は150円です。

節分草です、小さくてわかりずらいかもしれません。
080216001.jpg

少しアップで写してみました。
080216002.jpg

この時期、蠟梅が咲いていると思ったら、まだつぼみでした。
080216003.jpg

梅の花です。まだつぼみが多かったです。
080216004.jpg

ボケの花です。こちらもまだ咲きはじめてところです。
080216005.jpg

白梅です。
080216006.jpg

これは、唐梅と名札がついていました。
080216007.jpg

白梅です。
080216008.jpg
  1. 2008/02/16(土) 22:09:26|
  2. デジタル一眼レフ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

横浜中華街

中華街では、春節が始まっています。
春節の行事が見られるかもしれないと思い、出かけてみました。

中華街では春節の提灯が飾られていて、普段より華やいだ雰囲気です。
関帝廟や、新しくできた媽祖廟では、お参りに来ている人が後を絶ちませんでした。

関帝廟です。何時も参拝の人や観光客で混雑しています。
080211001.jpg

関帝廟の隣には、横浜中華学院があります。
080211002.jpg

媽祖廟です。工事中の時に前を通ったことはあるのですが、出来てから訪れるのは初めてです。
080211003.jpg

堂内の様子です。
080211004.jpg

本堂から正面の門まで提灯が張られていましした。
080211005.jpg

媽祖の由来と媽祖祭のポスターです。
080211006.jpg

中華街の中にある山下町交番です。上のレリーフが中国的です。
080211007.jpg

山下公園前にある、ガス灯の生い立ちのレリーフです。今まで見落としていました。
080211008.jpg

卵型下水管です。横浜では明治3年に陶器の下水道が敷設されその後明治14年からこのレンガつくりの下水管に取り換えられたそうです。
080211009.jpg

山下公園からみた、みなと未来地区です。
080211010.jpg
  1. 2008/02/11(月) 21:29:22|
  2. ジャンクデジカメ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

大内宿雪まつりその2

大内宿の雪まつりの様子をアップしましたが、往復のバスの車窓から写したものがあります。
自家用車なら、車を留めて写せるところですが、そうもゆきません。

うまく被写体が写らないこともありました。
他に、大内宿の中で写したものも混じっています。

会津田島を抜けて湯野上温泉に向かう途中で写したものです。
080209012.jpg

会津田島線の湯野上温泉駅です。藁ぶき屋根の駅舎なのですが、見えづらいと思いもう1枚写しましたが、どちらもうまく撮れませんでした。
080209013.jpg

湯野上温泉駅市の2です。
080209014.jpg

大内宿への分岐点です。道路には雪がありません。車の通りも多いです。
080209015.jpg

大根をほしているところです。このほした大根を漬けものして売っています。買ってきましたがご飯によく合います。
080209016.jpg

こちらは干し柿です。
080209017.jpg

雪灯篭とかまくらです。暗くなると、灯篭にろうそくがともされます。
080209018.jpg

団子さしです。
080209019.jpg

帰り道に写してみました。バスはバイパスを走っているのではと思います。向かい側の山の下に家々が並んでいますので、旧道は向こう側だったのではと思います。
080209020.jpg

会津西街道から塩原温泉に抜けるあたりから雪が降りはじめました。少し積もり始めたところです。
080209021.jpg

埼玉に帰りつくまで雪は降っていました。牡丹雪でしたが家の近くは積もっていなかったです。これで大内宿は終わりです。
また、機会があったら出かけてきたいと思っています。
  1. 2008/02/10(日) 00:07:06|
  2. ジャンクデジカメ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

大内宿雪まつり

会津の大内宿は、江戸時代の宿場の様子を今に伝えている宿場です。
日光今市から会津に抜ける、会津西街道沿いにあります。
電車だと、会津田島線湯野上温泉駅で下車し、タクシーで15分ほどかかります。
この湯野上温泉駅は、藁ぶき屋根の駅舎でも有名なところです。

大内宿では、2月の第2土曜、日曜に雪まつりが行われ、行ってきました。
今年は、22回目だそうです。
今から35年前の夏に訪れたことがあり、冬に訪れるのは初めてです。

大内宿本陣の前です。ここが雪まつりのイベント会場になっています。
080209001.jpg

宿場内には、かまくらや雪像がつくられていました。
080209002.jpg

団子さしをしているところです。枝に団子をつけていきます。
080209003.jpg

屋号でしょうか?
080209004.jpg

寒いのでしょうね、軒からつららが下がっていました。
080209005.jpg

お寺のお堂です。雪に埋もれそうな感じでした。
080209006.jpg

大内宿を上から見たところです。概むね藁ぶき屋根の家が残っています。
080209007.jpg

ほんのわずかでしたが、陽が差しました。
080209008.jpg

団子さしの木が2本立っています。これは2本立たないとだめだと言っていました。
080209009.jpg

わかんじきです。昔は自分でつくってはいていたと聞きました。
080209010.jpg

お土産品を並べて下げていました。
080209011.jpg

相当の枚数を写したつもりだったのですが、同じようの構図のものが多かったです。反省。
  1. 2008/02/09(土) 23:43:44|
  2. デジタル一眼レフ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

雪の節分

朝から、雪が降っています。
天気予報では、都心でも5センチぐらいの積雪があるとか、、
朝の雪はさらさらしていましたが、そのうち水分を含んだ重い雪になっていました。

上野のぼたん苑が頭をよぎります。
雪囲いに、雪が積もった中に咲くぼたん、絵になるだろうなぁ!と思うのですが、、
1日家にこもっていてもTVを見ているだけと思い、雪景色を撮りに出かけることにしました。
明日の朝の道路の状況も確かめたかったこともあります。

駅まで雪景色を撮りながらぶらぶら歩いて、節分の豆まきを見に行こうと電車に乗ってしまいました。行き先は、少し考えて上野の五條天神にしました。
雪で中止になっていれば、湯島天神で雪と梅を撮れるしと安易に考えました。
神社に着いたのが2時半、3時から行われるとのことです。

過去に2回ほど見に行っています。
雪のためか、集まっている人はまばらでした。

年男、年女が席について節分祭がおこなわれます。
080203001.jpg

参拝者にもお祓いをしてくれます。
080203002.jpg

方相氏が登場します。
080203003.jpg

方相氏が四方をももの弓で清めます。
080203004.jpg

続いて、蟇目式(神弓、神矢で鬼や病霊を清めます)が行われます。
080203005.jpg

鬼の登場です。
080203006.jpg

方相氏が鬼の侵入を防ぎます。
080203007.jpg

氏子総代が鬼と問答を行います。
080203008.jpg

鬼は追い払われ、これより豆まきが行われます。
080203009.jpg

ここでは、鬼は外の掛け声だけです。集まった人が多くなかったのか、豆の袋をたくさんもらって帰ってきました。
  1. 2008/02/03(日) 23:28:31|
  2. デジタル一眼レフ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プロフィール

Dora

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する