Doraの写真機日記

カメラ購入記録や、そのカメラで写した写真をアップしています。最近は、デジタルカメラでの撮影が多くなってしまいました。それでもレンズはMFレンズを使うこともあります。

墓参り

今日は、墓参りに出かけました。自分の祖父母、両親は、カソリックの洗礼を受けたキリスト教徒ですが、自分は無宗教です。そのため、家内の葬儀も、宗教色を除いた家族葬で行ないました。お墓参りは、概ね命日かその前に行くことにしていて、お盆やお彼岸の時の行くことはありませんでした。
今回は、8月から9月にかけて、自分に色々なことがあって、出かけることにしました。お墓は、鎌倉太刀洗いの霊園にあります。鎌倉駅で、お弁当を買って、バスで向かいますが、そのバスがすごく混んでいました。日にちをずらしてお墓参りに行くい方が多かったです。お墓では、花を手向けてお参りをしています。回りでお参りに来ている方はいません。聞こえてくるのは風の音だけでした。千の風になっての世界だなと思っていまいました。休憩所で、お弁当を食べて、霊園を後にしています。
帰りは、バスで途中まで戻り、報国寺に寄って、竹林の奥でお抹茶を頂きました(いつものことです)。その後、杉本寺、鎌倉宮、八幡宮に寄って戻ってきました。墓参りに行った帰りは、いつも同じような場所のなってしまうのであまり写真を写していません。いつもの場所になってしまいましたがアップすることにしました。

報国寺です。
130927001.jpg

130927002.jpg

130927003.jpg

お抹茶の干菓子は、季節に寄って変わっているようです。
130927013.jpg

130927004.jpg

報国寺から杉本寺にいく道の傍にあった石仏です。
130927005.jpg

杉本寺です。
130927006.jpg

仁王門の仁王さまです。
130927007.jpg

130927008.jpg

130927009.jpg

130927010.jpg

130927011.jpg

鎌倉宮です。
130927012.jpg
スポンサーサイト
  1. 2013/09/27(金) 22:39:03|
  2. デジタル一眼レフ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

興禅院

昨日、日高の巾着田に彼岸花の群生を見に行ってきました。そのため、ここ数年行っている安行地区の興禅院には行かなくてもよいかなと思っていました。興禅院では、黄色の彼岸花を見ることができるのですが、普通の彼岸花より早く咲きますので、この時期では、すでに花は終わっています。
近所だし、毎年行っていたこともあって、午後に出かけてみました。お墓参りの方は、昨日までに済まされたのかお墓に新しい花が手向けられていました。着いた時は、2・3人の方が彼岸花を写しに来ていました。全体的に少し花が少ない感じでした。主には墓地の中に植えられていて、案内の張り紙が出ていました。
群生地を見て来た後ですので、物足りなさを感じますが、これが田舎の普通の風景かなとも思いました。

130924001.jpg

130924002.jpg

130924003.jpg

130924004.jpg

130924005.jpg

130924006.jpg
  1. 2013/09/24(火) 22:32:43|
  2. デジカメでOMレンズ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

巾着田の曼珠沙華(彼岸花)

日高市の巾着田に行ってきました。ここは今年から五百万本の曼珠沙華群生地と広告をしていました。ここ数年、自宅の近所の寺院で彼岸花を写してきましたが、今年は久しぶりに出かけてみることにしました。
我が家からだと、JR武蔵野線と西武線を利用することになります。行きの電車はほとんど待つことがなく、乗り換えもスムーズで、およそ2時間かからずに最寄りの高麗駅に着きました。高麗駅近くのコンビニで飲み物とお昼のお結びを買って、以前の来た時のことを思い出しながら群生地に向かいました。駅から群生地までの道筋には、地元の方が自宅で取れた物を販売しています。今日は、祝日ということもあって、混むだろうないと思っていましたが、以前とあまり変わりがなかったように思います。
今年から、管理料が300円になっていました。以前は200円だったと思います。群生地でも早咲きのところは萎れた花が見られましたが。全体的には見ごろを迎えていました。赤い絨毯を曳きつめたようと表現されますが、どう写して良いか迷うばかりです。大部分が赤ですで、たまに白が混じっています。そういう場所では、カメラマンが多いですね。巾着田の中では、水路があって、まだハグロトンボが見られました。最後に黒アゲハかな?彼岸花の蜜を吸いに来ていたのも写すことができました。2時間半ほどいて帰路についています。

130923003.jpg

130923004.jpg

130923005.jpg

130923006.jpg

130923007.jpg

130923008.jpg

130923009.jpg

130923010.jpg

130923011.jpg

130923012.jpg

130923013.jpg

130923014.jpg

130923015.jpg

130923017.jpg

ほかの場所にもアップしています。画像の枚数はそちらの方が多いです。
リンクしておきます。こちらもどうぞ続きを読む
  1. 2013/09/23(月) 19:55:32|
  2. デジタル一眼レフ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

鎌倉神楽と面掛行列2

9月18日は、鎌倉長谷にある御霊神社の例祭です。この神社は、別名権五郎神社とも呼ばれています。鎌倉権五郎景政を祀っていて、その命日にあたる日が9月18日とのことです。神社の由来等はこちらを参照ください。
この神社では、鎌倉神楽と面掛行列が行われます。神楽は紹介しましたので、ここでは面掛行列を紹介します。
面掛行列ですが、神社からの出発ではないので、おもての通りに移動して見ることになります。
この行列の由来は、源頼朝の寵愛を受けた村娘が子をもうけたので娘の一族は頼朝の側に仕え、外出の際にお面をつけて守護したためと言われています。面掛行列の総勢は10人で、前の8人が同じ衣装で爺、鬼、異形、鼻長、烏天狗、翁、火吹男、福禄寿の面をつけ、その後におかめの面をつけた産婦と産婆が続きます。このことから別名「はらみっと行列」ともいわれます。産婦役の方は、腰が痛くなると話していました。
この行列には、地元の子供達が多く参加したています。学年ごとに役割が分かれているようです。それだけ地元に密着しているのかもしれません。

行列が始まりました。行列奉行も小学生が勤めています。
130918042.jpg

最初にお囃子です。
130918044.jpg

幟旗と槍です。これも子供達が担当しています。
130918047.jpg

獅子頭のあとに、面をつけた10人が進みます。
130918048.jpg

最初は、爺です。
130918049.jpg

次が鬼です。
130918050.jpg

続いて、異形です。
130918051.jpg

長鼻と火吹男です。
130918052.jpg

烏天狗と翁、少し離れたのが福禄寿です。
130918054.jpg

福禄寿と産婦と産婆になります。そのあとに幟旗と槍が続きます。
130918056.jpg

楽士と神職と世話役です。
130918059.jpg

最後に神輿です。
130918060.jpg

行列は、神社の表通りにでて、極楽寺方面に向かい、極楽寺坂の下あたり虚空蔵尊の前あたりで引き返し、今度は長谷駅の方向に向かいます。
130918061.jpg

戻ってくる面掛行列です。昔は、この面をかぶる家が決まっていたそうです。今は、ボランティアで行なわれているそうです。
130918063.jpg

産婦と産婆です。産婦役の人は、腰が痛いと話していました。
130918064.jpg

もう少し詳細な報告は、こちらをご覧ください
  1. 2013/09/19(木) 09:16:20|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

鎌倉神楽と面掛行列

9月18日は、鎌倉長谷にある御霊神社の例祭です。この神社は、別名権五郎神社とも呼ばれています。鎌倉権五郎景政を祀っていて、その命日にあたる日が9月18日とのことです。神社の由来等はこちらを参照ください。
祭礼では、鎌倉神楽が奉納されます。この神楽は、湯立神楽とか湯花神楽と呼ばれて、神職によって演じられます。鎌倉では、この御霊神社だけで奉納されているようです。
説明によりますと、この神楽は、十一座で構成されています。一 打囃子(うちはやし)、二 初能(はのう)、三 御祓(おはらい)、四 御幣招(ごへいまねき)、五 湯上(ゆあげ)、六 中入(なかいり)、七 掻湯(かきゆ)、八 大散供(だいさんく)、九 湯座(ゆぐら)・笹の舞(ささのまい)、十 射祓(いはらい・または弓祓と書く)、十一 剣舞・毛止幾(もどき)です。
今回、打囃子はなく、神職によるお祓いでした。

御霊神社です。着いた時は、神事が始まっていました。
130918001.jpg

神楽に使うお湯を沸かしてしました。
130918005.jpg

この神楽は神職が奉納します。
130918007.jpg

初能(はのう)です。扇の上に米を置いて舞います。四方に米をまいて清めます。
130918008.jpg

御祓(おはらい)です。沸かしているお釜、お湯も祓います。
130918010.jpg

御幣招(ごへいまねき)です。神様をお迎えする所作だそうです。
130918014.jpg

湯上(ゆあげ)です。沸かした最初のお湯をお供えします。
130918015.jpg

お湯を汲んでいるところです。
130918017.jpg

湯上(ゆあげ)が終わると前半が終わって、中入りになります。演者は狩衣を脱いで、招待者にはお神酒、赤飯がふるまわれます。
後半の最初は、掻湯(かきゆ)です。湯をかき回して、立ち上る湯気で吉凶を占うと言われています。
130918021.jpg

大散供(だいさんく)です。最初に演じられた初能(はのう)の2人バージョンと思えば良いようです。
130918026.jpg

湯座(ゆぐら)・笹の舞(ささのまい)です。最初は笹を持って舞いますが、途中で、釜に笹を漬けて、それを振る回します。結構、しぶきが飛んできます。見学者にもかかります。
130918028.jpg

130918029.jpg

射祓(いはらい・または弓祓と書く)です。弓矢で四方を清めます。ただし正面だけは、神様がいますので矢は放ちません。放たれた矢は、拾った人が持ち帰ってよいことになっています。
130918035.jpg

最後が、剣舞・毛止幾(もどき)です。赤い面の天狗が剣舞いを舞いますが、途中から山の神が出てきて、いたずらや悪さを行います。
130918036.jpg

130918039.jpg

これで神楽は終わりです。最後に供えてあった飴が撒かれて終了です。
この後、面掛行列が始まりますが、神社からの出発ではないので、表通りまで移動します。
もう少し、詳細な報告は、こちらをご覧ください
面掛行列は別にしました。
  1. 2013/09/18(水) 23:13:41|
  2. デジタル一眼レフ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

秋近し

昼間はまだ暑い日がありますが、朝晩はすっかり涼しくなってきました。いつの間にかセミの鳴き声から、秋の虫の鳴き声に変わってきて、季節の移ろいを感じるこの頃です。
我が家の庭に植えてあるパンパスグラスが今年も穂を出しました。亡くなった家内が好きで植えた物です。もうすぐススキも穂を出すのではないかと思います。ススキも家内が取りに行って庭に植えていました。これから彼岸花も出てくる時期です。玄関横のヤブランも花穂が伸びて来ています。
今年は、日高の巾着田に彼岸花を見に行こうかと思っています。

パンパスグラスです。今年は15本ぐらい穂を出しました。もっとあるかな??数えてないので、、
130913001.jpg

130913002.jpg

ヤブランです。
130913003.jpg

ヤブランの花を、マクロレンズで写してみました。マニュアルのレンズですので少しピントがずれたかも、
130913004.jpg
  1. 2013/09/13(金) 23:01:28|
  2. デジタルカメラ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

プロフィール

Dora

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する