Doraの写真機日記

カメラ購入記録や、そのカメラで写した写真をアップしています。最近は、デジタルカメラでの撮影が多くなってしまいました。それでもレンズはMFレンズを使うこともあります。

ゆく年に

今年もあと数時間で新しい年をむかえよとしています。
今年は、自分にとっては転換点になった年でした。3月末日で、43年間勤めた職場を定年退職しました。よく続けられたものだと思います。最後の4年間は、事務の最高責任者として東日本大震災を経験したり、家内に先立たれたりと色々なことがありました。退職の日に、家内から「御苦労さま」と言ってもらえないのが心残りではあります。
4月からは、フルータイムの生活となり、少しずつですが仕事中心の生活から変わって行きました。5月からはオープンカレッジを受講しています。8月のお盆を過ぎたころから、気持ちが落ち込んで、3週間ぐらい自分がどうしたのかわからないような状態が続いて、一時はうつ病になったのかとも思ったほどでした。今では、家内の亡くなったことが、自分の中で未消化のままだったのが、時間とゆとりができたことで、一気に噴出したのだとわかります。その後落ち着きを取り戻しています。仕事に束縛からも解放されたと思うようになりました。後は、旅行に出かけたり、自分の好きなことをしながら過ごしてきました。色々あった1年でしたが、無事に年を越せそうです。
さて、このブログは、タイトルで写真機日記としていますが、当初は、カメラ・レンズを中心に始めました。そのカメラで写した画像をアップしていました。時代はデジタルに移行し、今は、撮影してきた画像が中心になっています。
年の最後と言うことで、今、主に使っている機材を紹介して、年の締めくくりとします。

カメラは、m4/3(マクロフォーサーズ)のミラーレス一眼レフを使っています。レンズアダプターでMFレンズを使うことができます。ここに写っているレンズは、M42、L39、110、Cレンズです。シャッターを半押ししてもピントはありません。レンズの距離リングを操作してピントを合わせます。新しいカメラで古いレンズ遊びをしていると思ってください。
131231001.jpg

現在は、このセットで写真を写しています。レンズは4本ありますが、旅行に行く時等は、カメラに付けているレンズともう1本望遠系のレンズを持って行きます。
131231002.jpg
スポンサーサイト
  1. 2013/12/31(火) 21:35:49|
  2. デジタル一眼レフ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

羽子板市

17日から19日まで浅草・浅草寺境内で羽子板市が開かれます。18日が観音様の縁日で、12月は納めの観音と言われ1年の締めくくりになるので、この日に出かける予定にしていました。ところが天気予報では18日は雨か雪との予報でしたので、今日(17日)に出かけてきました。
江戸時代は、17日、18日に正月用品や縁起物を売る店が境内に集まり歳の市が開かれていました。江戸後期の頃から女子の誕生した家に羽子板を贈る風習ができ、羽子板を正月の縁起物として扱う店が増えていったと伝えられているそうです。この歳の市が羽子板市としてその形をとどめているそうです。
浅草寺の宝蔵門(仁王門)をくぐって左側ににわか座敷店が並び、羽子板を販売しています。中には凧や版画を売る店もあります。初日の昼間でしたが、混み合っていました。時々、三本締めの手締めの音が聞こえてきていました。

新年をむかえる用意ができた仲見世通りです。
131217001.jpg

歌舞伎役者や有名人のサイン入りの羽子板で、オークションが行われています。申し込み用紙に必要事項と金額を書き込むようになっていました。
131217002.jpg

久月の変わり羽子板です。他の店でも楽天や長島監督等が目につきました。
131217003.jpg

真ん中の3枚はあまり見かけない羽子板でした。
131217004.jpg

やなせたかしさんのアンパンマンの羽子板もありました。
131217005.jpg

来年の干支、午をモチーフにした羽子板です。
131217006.jpg

日本凧をあつかったお店です。
131217007.jpg

厄除けだるま凧で、名前など希望の文字を書きいれてくれます。
131217008.jpg

歌舞伎に題材をとった羽子板です。
131217009.jpg

成駒屋さんの若女将さんかな?名物のご主人は??
131217010.jpg

小学生が先生に引率されて見学に来ていました。子供達の質問にあれこれ答えていました。
131217011.jpg

歌舞伎のくまどりの羽子板です。
131217012.jpg

羽子板のおい羽根です。このおい羽根はトンボに似ていることから、虫がつかない無病息災に繋がったり、黒い玉は無患子(むくろじ)の木の種で「子が患わ無い」と言う意味で無病息災のお守りになったそうです。
131217013.jpg

宝船です。初夢を見るために枕の下に入れたと言われています。
131217014.jpg

浅草寺本堂に飾られた羽子板です。毎年、助六の羽子板なのかな?
131217015.jpg
  1. 2013/12/17(火) 23:09:40|
  2. デジタル一眼レフ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

鎌倉の紅葉

鎌倉には、年に数回訪れています。我が家のお墓が鎌倉の太刀洗にあるのですが、墓参りばかりではありません。四季折々、出かけては、写真を撮ったり、まだ訪れたことのない神社仏閣を歩いたりしています。自分の実家が横須賀にあって、鎌倉は近くでしたので、家族で出かけたりもしていました。高校時代の初詣は、鎌倉八幡宮でした。いまでこそ長谷の観音さんは、綺麗なお堂の中に安置されていますが、当時は、木造のお堂で暗かったのを覚えています。自分にとって鎌倉は手軽に行かれる場所で、まだ全部ではありませんが、多く寺院を訪れています。特にお墓に行く金沢街道沿いの寺院はほとんど足を運びました。親父の命日が3月ですので、梅の花を愛でながら毎年歩いています。
鎌倉の紅葉も綺麗ですので、毎年のように出かけています。今回は、円覚寺、明月院、海蔵寺とみてきました。海蔵寺はいつも最後になってしまい、山間にあるので、日陰になってしまう時間が早くて時間との追いかけっこになってしまいます。今回は、間に合いましたが、写真のグループが写しにきていて、リーダーと思しき人が、早く撮影しないと、陽がかげると言っていたのが印象に残っています。

円覚寺で写した紅葉です。
131204001.jpg

131204002.jpg

131204003.jpg

131204004.jpg

131204005.jpg

131204006.jpg

明月院で写した紅葉です。
131204007.jpg

131204008.jpg

海蔵寺で写した紅葉です。
131204009.jpg

131204010.jpg

131204011.jpg

131204012.jpg
  1. 2013/12/04(水) 22:34:27|
  2. デジタル一眼レフ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プロフィール

Dora

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する