Doraの写真機日記

カメラ購入記録や、そのカメラで写した写真をアップしています。最近は、デジタルカメラでの撮影が多くなってしまいました。それでもレンズはMFレンズを使うこともあります。

旧古河庭園の秋のバラフェスティバル

アップするのが遅くなってしまいましたが、10月21日に出かけて写したものです。
今月23日まで、旧古河庭園で秋のバラフェスティバルが開催されていますので、出かけてきました。
今年3月に、都立9庭園共通パスポート(1年間有効)を購入していたので、利用できます。
旧古河庭園には、大正初期に建てられて洋館と、約100種200株のバラの洋風庭園と、低地には日本庭園が現存しています。バラは、見ごろを過ぎてしまいましたが、十分楽しめました。
庭園に着いたのがお昼を少し回ったころで、向かい途中の駅のコンビニで、おにぎりとお茶を買って持参しました。日本庭園いはベンチが設置されていますので、そこでお昼にしています。その後、ゆっくりバラの花を観賞しています。一株ごとに名前のパネルが表示されていますので、見ているバラの名前がすぐにわかります。
観光バスのコースにもなっているみたいで、途中で、団体の方が入園してきたのに出会いました。
日本庭園の方も、一回りしています。この時期、どんぐりが沢山落ちていました。もみじの木もあって、紅葉も綺麗かなと思います。紅葉の時期には、駅の反対方向の六義園に行っていて、旧古河庭園の紅葉はまだ見たとこがありません。
園内で、2回ほど、猫に遭遇、あまり人を恐れるそぶりがないので、飼われているのか、住み着いてしまったのか??
11月の紅葉の時期にも、訪れてみたと思っています。

161021001.jpg

芝生広場の前に植えられている、マリーゴールドとサルビアです。
161021002.jpg

161021003.jpg

161021004.jpg

ローラ
161021005.jpg

161021006.jpg

芳純
161021007.jpg

ピース
161021008.jpg

初恋
161021009.jpg

クリスチャン・デオール
161021010.jpg

インカ
161021011.jpg

丹頂
161021012.jpg

緑光
161021013.jpg

万葉
161021014.jpg

マリア・カラス
161021015.jpg

イングリット・バーグマン
161021016.jpg

売店で売っているバラのシューアイスです。ほのかなバラの香がします。
161021017.jpg

遭遇した猫ちゃん、耳にカットがありますので、避妊されている野良ちゃんかなと思います。
161021018.jpg
スポンサーサイト
  1. 2016/10/21(金) 20:25:10|
  2. デジタル一眼レフ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

川越祭り

10月15日、16日と川越祭りが行われていました。15日の土曜日は、久々の秋晴れとなったのですが、社会人講座の受講日だし、夜は和太鼓の練習があるので、16日に出かけてみました。お天気も持ちそうです。今朝の朝刊にも、お祭りの記事が出ていましたので、人出が多くて混雑するだろうなと思っていました。
川越祭りは山車のお祭りです。町会ごとに29台の山車があります。うち1台は、川越市が所有している山車もあります。今年は、23台の山車が参加して市内を練り歩きました。ちなみに昨年は17台の参加だったそうです。
川越の山車は、江戸系川越型といわれて、二重の鉾と、伸縮自在の迫り上げ方式が特徴です。蔵作り商店街と市役所前には、電線が地下に埋設されているので、上層を延ばして人形まで見ることができます。他の場所では、電線の関係で、上層を収納して引かれていきます。この山車には、囃子方が乗り込んで、お囃子を演奏していますが、山車同士が行き会うと、お囃子の競演となりこれを、曳っかわせと言います。
また、手古舞姿の子供や、山車を引く人たちの衣装も派手です。山車には、先触れという役職もあって、進んでいく方向の町会詰め所や、山車などに、これから山車が通ることを告げる役目と聞きました。山車の出発、停止などは、宰領がいて、その人の指示で拍子木で、全員に知らせるようになっています。
4時間ほど市内を歩き回ってきました。途中で2回ほど、雨にあっています。日差しがあったので、狐の嫁入りかなどと思いながら歩いていました。

野田五町の八幡太郎の山車の手古舞さんたちです。
161016001.jpg

仲町の羅陵王の山車です。
161016002.jpg

蔵造りの商店街で、人出の多いのがわかります。
161016003.jpg

大手町の鈿女の山車です。電線があるので、人形が出ていません。
161016004.jpg

161016005.jpg

鈿女の山車のミニチュアが飾ってありました。
161016006.jpg

もう、疲れたよ!と腰をおろす、子供達、
161016007.jpg

山車の横の彫り物です。元町一丁目の牛若丸の山車です。
161016008.jpg

元町一丁目の牛若丸の山車です。
161016010.jpg

脇田町の徳川家康の山車です。
161016011.jpg

右が川越市の猩猩の山車で、左が新富町一丁目の家光の山車です。
161016012.jpg

左が、西小仙波町の素戔鳴尊の山車で、中央が徳川家康の山車、奥に猩猩の山車です。
161016013.jpg

新富町一丁目の家光の山車です。
161016014.jpg

手古舞の女の子は、いささかお疲れ気味でした。
161016015.jpg

時の鐘です。
161016016.jpg

野田五町の八幡太郎の山車です。
161016017.jpg

志多町の弁慶の山車です。
161016018.jpg

元町二丁目の山王の山車です。
161016019.jpg

松江町一丁目の竜神の山車です。
161016021.jpg

連雀町の道灌の山車です。
161016022.jpg

松江町二丁目の浦島の山車です。
161016023.jpg
  1. 2016/10/16(日) 23:49:11|
  2. デジタル一眼レフ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

上高地

旅行社のバスツアーを利用して、上高地に行ってきました。
申込をしたのは、1週間前です。近くの駅から出発になり、上高地では、3時間の自由時間もあります。当地からでは、上高地まで片道5時間ぐらいかかります。バス1台に、空き席は5つでした。ご夫婦、女性だけのグループが多い中、1人参加は男性3人です。幸いなことに、申し込んだのが最後らしく、一番後ろの席でしたが隣が開いていたので、車中では楽でした。
今回、明神池まで行きたかったのですが、地図の時間をみると、3時間ぎりぎりです。最初の下車地、大正池の時間から3時間ですので無理かなと思い、大正池から河童橋まで歩いて、時間に余裕があったら、途中まで行ってみることにしました。
お天気は、雲はありましたが、日差しもあって、穂高連峰などを見ることができました。雲がわき始めて、河童橋に着いたころは、稜線に雲がかかってしまいました。明神橋までの下調べ的に、時間を見ながら行ってみることに、、集合までの時間を按分して、歩いてみました。行き着けませんでしたが、次回に機会があればと思っています。
紅葉は、始まったところで、まだ1週間ぐらい早かったかなと思います。最後に、バスターミナルの梓川沿いのベンチで休んでいたときに、サルの親子を見かけました。ほぼ、3時間歩き回ってきました。このぐらいが丁度よいのかもしれません。

大正池です。
161012001.jpg

大正池から写した穂高連峰です。まだ雲がかかっていませんでした。
161012002.jpg

田代池です。
161012003.jpg

焼岳です。
161012004.jpg

もう紅葉が始まっていました。
161012005.jpg

161012006.jpg

六百山(画面左)と霞沢岳(画面右)です。真ん中が三本槍です。
161012007.jpg

ウェストンのレリーフです。
161012008.jpg

たまに、紅葉したもみじがありました。
161012009.jpg

梓川沿いの遊歩道です。
161012010.jpg

河童橋の上から写した穂高連峰です。
161012011.jpg

河童橋の上から写した、梓川と焼岳です。
161012012.jpg

河童橋です。
161012013.jpg

きのこも結構見かけました。
161012014.jpg

穂高連峰、河童橋、梓川を写してます。雲が下りてきています。この頃から寒くなってきました。
161012015.jpg

サルの親子です。バスターミナルの梓川沿いのベンチで休んでいたときに見かけました。
161012016.jpg
  1. 2016/10/12(水) 23:08:25|
  2. デジタル一眼レフ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

プロフィール

Dora

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する