Doraの写真機日記

カメラ購入記録や、そのカメラで写した写真をアップしています。最近は、デジタルカメラでの撮影が多くなってしまいました。それでもレンズはMFレンズを使うこともあります。

鎌倉神楽と面掛行列2

9月18日は、鎌倉長谷にある御霊神社の例祭です。この神社は、別名権五郎神社とも呼ばれています。鎌倉権五郎景政を祀っていて、その命日にあたる日が9月18日とのことです。神社の由来等はこちらを参照ください。
この神社では、鎌倉神楽と面掛行列が行われます。神楽は紹介しましたので、ここでは面掛行列を紹介します。
面掛行列ですが、神社からの出発ではないので、おもての通りに移動して見ることになります。
この行列の由来は、源頼朝の寵愛を受けた村娘が子をもうけたので娘の一族は頼朝の側に仕え、外出の際にお面をつけて守護したためと言われています。面掛行列の総勢は10人で、前の8人が同じ衣装で爺、鬼、異形、鼻長、烏天狗、翁、火吹男、福禄寿の面をつけ、その後におかめの面をつけた産婦と産婆が続きます。このことから別名「はらみっと行列」ともいわれます。産婦役の方は、腰が痛くなると話していました。
この行列には、地元の子供達が多く参加したています。学年ごとに役割が分かれているようです。それだけ地元に密着しているのかもしれません。

行列が始まりました。行列奉行も小学生が勤めています。
130918042.jpg

最初にお囃子です。
130918044.jpg

幟旗と槍です。これも子供達が担当しています。
130918047.jpg

獅子頭のあとに、面をつけた10人が進みます。
130918048.jpg

最初は、爺です。
130918049.jpg

次が鬼です。
130918050.jpg

続いて、異形です。
130918051.jpg

長鼻と火吹男です。
130918052.jpg

烏天狗と翁、少し離れたのが福禄寿です。
130918054.jpg

福禄寿と産婦と産婆になります。そのあとに幟旗と槍が続きます。
130918056.jpg

楽士と神職と世話役です。
130918059.jpg

最後に神輿です。
130918060.jpg

行列は、神社の表通りにでて、極楽寺方面に向かい、極楽寺坂の下あたり虚空蔵尊の前あたりで引き返し、今度は長谷駅の方向に向かいます。
130918061.jpg

戻ってくる面掛行列です。昔は、この面をかぶる家が決まっていたそうです。今は、ボランティアで行なわれているそうです。
130918063.jpg

産婦と産婆です。産婦役の人は、腰が痛いと話していました。
130918064.jpg

もう少し詳細な報告は、こちらをご覧ください
スポンサーサイト
  1. 2013/09/19(木) 09:16:20|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<巾着田の曼珠沙華(彼岸花) | ホーム | 鎌倉神楽と面掛行列>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://dorasan23.blog3.fc2.com/tb.php/34-36f8a52d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

Dora

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する