Doraの写真機日記

カメラ購入記録や、そのカメラで写した写真をアップしています。最近は、デジタルカメラでの撮影が多くなってしまいました。それでもレンズはMFレンズを使うこともあります。

鎌倉神楽と面掛行列

9月18日は、鎌倉長谷にある御霊神社の例祭です。この神社は、別名権五郎神社とも呼ばれています。鎌倉権五郎景政を祀っていて、その命日にあたる日が9月18日とのことです。神社の由来等はこちらを参照ください。
祭礼では、鎌倉神楽が奉納されます。この神楽は、湯立神楽とか湯花神楽と呼ばれて、神職によって演じられます。鎌倉では、この御霊神社だけで奉納されているようです。
説明によりますと、この神楽は、十一座で構成されています。一 打囃子(うちはやし)、二 初能(はのう)、三 御祓(おはらい)、四 御幣招(ごへいまねき)、五 湯上(ゆあげ)、六 中入(なかいり)、七 掻湯(かきゆ)、八 大散供(だいさんく)、九 湯座(ゆぐら)・笹の舞(ささのまい)、十 射祓(いはらい・または弓祓と書く)、十一 剣舞・毛止幾(もどき)です。
今回、打囃子はなく、神職によるお祓いでした。

御霊神社です。着いた時は、神事が始まっていました。
130918001.jpg

神楽に使うお湯を沸かしてしました。
130918005.jpg

この神楽は神職が奉納します。
130918007.jpg

初能(はのう)です。扇の上に米を置いて舞います。四方に米をまいて清めます。
130918008.jpg

御祓(おはらい)です。沸かしているお釜、お湯も祓います。
130918010.jpg

御幣招(ごへいまねき)です。神様をお迎えする所作だそうです。
130918014.jpg

湯上(ゆあげ)です。沸かした最初のお湯をお供えします。
130918015.jpg

お湯を汲んでいるところです。
130918017.jpg

湯上(ゆあげ)が終わると前半が終わって、中入りになります。演者は狩衣を脱いで、招待者にはお神酒、赤飯がふるまわれます。
後半の最初は、掻湯(かきゆ)です。湯をかき回して、立ち上る湯気で吉凶を占うと言われています。
130918021.jpg

大散供(だいさんく)です。最初に演じられた初能(はのう)の2人バージョンと思えば良いようです。
130918026.jpg

湯座(ゆぐら)・笹の舞(ささのまい)です。最初は笹を持って舞いますが、途中で、釜に笹を漬けて、それを振る回します。結構、しぶきが飛んできます。見学者にもかかります。
130918028.jpg

130918029.jpg

射祓(いはらい・または弓祓と書く)です。弓矢で四方を清めます。ただし正面だけは、神様がいますので矢は放ちません。放たれた矢は、拾った人が持ち帰ってよいことになっています。
130918035.jpg

最後が、剣舞・毛止幾(もどき)です。赤い面の天狗が剣舞いを舞いますが、途中から山の神が出てきて、いたずらや悪さを行います。
130918036.jpg

130918039.jpg

これで神楽は終わりです。最後に供えてあった飴が撒かれて終了です。
この後、面掛行列が始まりますが、神社からの出発ではないので、表通りまで移動します。
もう少し、詳細な報告は、こちらをご覧ください
面掛行列は別にしました。
スポンサーサイト
  1. 2013/09/18(水) 23:13:41|
  2. デジタル一眼レフ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<鎌倉神楽と面掛行列2 | ホーム | 秋近し>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://dorasan23.blog3.fc2.com/tb.php/548-fd1f6b74
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

Dora

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する