Doraの写真機日記

カメラ購入記録や、そのカメラで写した写真をアップしています。最近は、デジタルカメラでの撮影が多くなってしまいました。それでもレンズはMFレンズを使うこともあります。

うけらの神事(五條天神社節分行事)

今日は、節分ですね。
本来、節分とは「季節を分ける日」で、立春、立夏、立秋、立冬それぞれの前日で、年に4回あったととされています。
ところが、日本では、立春が1年の始まりと尊ばれたために、次第に節分といえば春の節分をさすようになったとのことです。
立春が新年とすると、節分は大晦日にあたります。
平安時代には、季節の変わり目には、邪気(鬼)が生じると考えられてたために、邪気をはらう追儺という宮中行事が行われていました。
鬼は、陰(おん)とか隠(おぬ)に由来する言葉だそうです。
陰、隠は、「目に見えない邪気」「この世のものとは思えないもの」のことで、災害や疫病などの災いは、「鬼」の仕業と考えられていたそうです。節分の行事は、無病息災を願う行事だったとされ現在まで続いています。
なお、豆をまくっようになったのは、室町時代からといわれています。
上野の五條天神社では、うけらの神事というのが行われます。古式にのっとった行事といわれています。
最初に神事が執り行われ、玉串がささげられてかから、方相氏が登場し、四方を桃の弓と矢で清めます。神職による蟇目式が終わると、鬼が登場します。この神社では、病鬼とされています。うけら焚きが始まります。病鬼は、方相氏に阻まれて、社殿にはいれません。続いて、病鬼との問答が行われ、病鬼は退散して、豆まきが行われます。
寒桜や、梅の花も咲いていました。春が近づいている感じです。

上野公園の寒桜です。
160203001.jpg

五條天神社境内の梅の花です。
160203002.jpg

160203003.jpg

160203005.jpg

参列者もお払いを受けます。
160203004.jpg

社殿での神事が進み、玉串奉天が終わると、方相氏が登場します。
160203006.jpg

方相氏は、桃の弓で四方を清めます。
160203007.jpg

続いて蟇目式が執り行われます。蟇目とは、矢の先に付けた蟇目鏑矢のことで、射ると音を出します。この音で邪気をはらうといわれています。
160203008.jpg

鬼の登場です。五條天神社では病鬼をあらわすそうです。
160203009.jpg

病鬼の登場で、うけら焚きが始まります。
160203010.jpg

病鬼は方相氏に阻まれて、社殿に入ることができません。
160203011.jpg

160203012.jpg

病鬼との問答が始まります。病鬼との問答は、氏子の組番が毎年交代で行うそうで、年によっては、つっかえながらの方もいますが、今年の方は、スムーズでした。
160203013.jpg

うけらが焚かれているのがわかると思います。
160203014.jpg

問答の後に、病鬼は恐れ入って退散します。
160203015.jpg

これより豆まきが行われます。五條天神社では、鬼は外の掛け声だけです。
160203016.jpg
スポンサーサイト
  1. 2016/02/03(水) 23:05:50|
  2. デジタル一眼レフ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<三浦海岸の河津桜 | ホーム | 冬ぼたん>>

コメント

季節季節の行事も由来や意味がわかると味わい深いですね。
まだまだ寒さのピークはこれからかも知れないけど、光は春ですね。
  1. 2016/02/04(木) 14:46:36 |
  2. URL |
  3. 純吉 #-
  4. [ 編集 ]

自分が子供の頃は、近くの神社の豆まきによく行っていた記憶があります。
この神社の節分行事は、見ごたえがあると言うか、ただ、豆をまくだけではありません。
鬼との問答は、録音をしてくればよかったと思っています。
まだ、寒いですが、春は近くまで来ている感じです。
  1. 2016/02/04(木) 22:56:45 |
  2. URL |
  3. Dora #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://dorasan23.blog3.fc2.com/tb.php/671-af0dd677
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

Dora

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する