Doraの写真機日記

カメラ購入記録や、そのカメラで写した写真をアップしています。最近は、デジタルカメラでの撮影が多くなってしまいました。それでもレンズはMFレンズを使うこともあります。

2018年

あけましておめでとうございます。
今年も、よろしくお願いします。


この年末年始は、風邪にたたられました。子供達が帰ってきたのですが、娘は、3日間我が家で寝込んでいました。
そのため、風邪をうつされたみたいで、三が日は、実家に挨拶に行っただけで、後は家でおとなしくしていました。
初詣も、三が日が過ぎると、混雑も一段落します。仕事始めで、会社で参拝に来られている企業もあると思いますが、それでも三が日の混雑から比べれば、空いています。
毎年、上野の五條天神社にお参りに出かけます。
ここは、医薬祖神を祭っていますので、健康祈願や病気平癒にご利益があるとか、、家内の病気がわかり、神頼みでお参りしたのが最初です。それ以降、毎年、初詣はこの神社になりました。
今日は、並ぶこともなく、参拝することが出来ました。同じ敷地内に花園稲荷神社があって、そこもお参りして来ました。
お昼時で、上野の時の鐘が撞かれていました。「花の雲 鐘は上野か 浅草か」と松尾芭蕉が俳句に詠んでいます。

上野公園では、十月桜が咲いてました。
180104001.jpg

十月桜のアップです。
180104002.jpg

五條天神社です。
180104003.jpg

花園稲荷神社です。
180104004.jpg

上野の時の鐘です。
180104005.jpg

上野大仏です。
180104006.jpg

月の松です。
180104007.jpg

寛永寺清水堂と月の松です。
180104008.jpg

不忍池弁天堂です。
180104009.jpg
  1. 2018/01/04(木) 23:19:44|
  2. コンパクトデジタル
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3

鎌倉へ

我が家のお墓は、鎌倉の霊園にあります。
10月にお墓参りに行ったとき、雑草が生い茂っていました。その時は、手入れの道具を持って行かなかったので、手で抜ける範囲の掃除をして来ました。今年のうちに、綺麗にしなくてはと気になっていたところです。
今回は、雑草取りや剪定ばさみ、雑巾などザックに入れて、出かけてきました。
年の瀬の日曜日とあって、お参りに来てる方が多かったです。我が家のお墓の周りでも、掃除をしていた方を見かけています。
綺麗になったところで、お花を供えて、お参りをして霊園を後にしています。
朝のうちは、曇り空で寒々としていましたが、帰る頃に雲が切れて、陽射しも出てきたので、少し鎌倉のお寺を歩くことにしました。
金沢街道を鎌倉に向かいますので、いつも、報国寺で、竹のお庭を見ながら、抹茶を頂いています。今日は、訪れている人が多く、お庭に入るのに、行列が出来ています。これでは、ゆっくり出来そうもないので、抹茶はあきらめ、杉本寺に行っています。まだ、紅葉が残っていました。
後は、源頼朝のお墓や三浦一族のお墓などをみて、鎌倉に戻ってきています。
小町通は混み合っていますので、八幡宮から壽福寺に抜けて駅にもどりました。
お正月の、初詣はすごい人出だそうです。高校3年の元日に初詣をしたのを思い出していました。

報国寺で写した画像です。
171224001.jpg

171224002.jpg

171224003.jpg

171224004.jpg

杉本寺で写した画像です。杉本寺は、鎌倉で一番古いお寺です。
171224005.jpg

171224006.jpg

171224007.jpg

171224008.jpg

171224009.jpg

源頼朝のお墓です。
171224010.jpg

源頼朝をご神体とした、白髯神社です。お墓の上り口にあります。
171224011.jpg

三浦一族のお墓です。判りづらい場所にありますので、最初に行ったときに素通りしてしまった思い出があります。
171224012.jpg
  1. 2017/12/24(日) 23:38:54|
  2. コンパクトデジタル
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

羽子板市

暮れの風物詩、浅草の歳の市が始まりました。最近では、羽子板市とは言わなくなったみたいです。
そもそもの起こりは、観音様の縁日が、18日で、12月は納めの観音といわれ、それにあわせて、お正月の品々を売る市がたったことから始まったとのことです。この市では、お正月の子供の遊びの羽子板、独楽、かるたなども売られていたそうです。
羽子板は、文化文政期にはいると、羽根突きの道具としてだけでなく、押絵羽子板という装飾的な価値と、女の子が生まれてときのお祝いの品として人気も得ました。お正月の品々が市中での販売が一般的になって、羽子板の販売が中心になって羽子板市という名前が定着をしたと言われています。
17日、18日、19日の3日間、浅草寺境内の五重塔前当たりに、お店が並びます。
17日に出かけてみました。初日は、日曜日と言うこともあって、混み合っていました。境内では、浅草伝統芸能まつりと称して、和太鼓の演奏や白蛇姫舞が行われていました。
同時期に、浅草寺本堂裏では、ガザ市が行われています。名前の由来は、ササが風でガサガサ言うことからガザ市となったと聞いています。この市は、お正月用品の卸し市で、昔は小屋掛けされていましたが、今ではコンテナのような建物が並んでいます。いささかさびしい感じでした。
この歳の市が終わると、もうお正月の準備です。1年経つのが早く感じられます。

171217001.jpg

171217002.jpg

171217003.jpg

171217004.jpg

171217005.jpg

171217006.jpg

171217007.jpg

171217008.jpg

171217009.jpg

171217010.jpg

171217011.jpg

171217012.jpg

171217013.jpg

171217014.jpg

171217020.jpg

171217015.jpg

浅草たいこばんの和太鼓演奏です。
171217016.jpg

白蛇姫舞です。
171217017.jpg

紅葉が残っていました。
171217018.jpg

ガザ市の会場です。
171217019.jpg
  1. 2017/12/17(日) 22:04:40|
  2. デジタル一眼レフ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

上野公園

六義園の帰りに、まだ時間が早めなので、上野公園に寄ってみました。
パンダのシャンシャンは見てみたいと思いますが、抽選でと言うことになっています。ウエーブの抽選サイトには、一度アクセスしたのですが、つながらずに、その後、トライしていません。
上野の森美術館の「怖い絵」展は、入場の長い列が出来ていました。100分待ちとのことです。
公園内は、イチョウや、もみじが色付いて、初冬の光に輝いていました。
上野東照宮の、ぼたん園の中も綺麗に色付いていましたが、ここは、ぼたんの時期でないと開園していません。
紅葉も綺麗なので、その時期だけ、園内を開放してくれたらなと思います。
外国人の観光客もシャッターを切っていました。
写真を写しながらぶらぶらして、いつもの神社にお参りして帰ってきました。

171206031.jpg

171206032.jpg

171206033.jpg

171206034.jpg

171206035.jpg

171206036.jpg

171206037.jpg

171206038.jpg

171206039.jpg

171206040.jpg

171206041.jpg

171206042.jpg

171206043.jpg

171206044.jpg
  1. 2017/12/06(水) 23:57:56|
  2. コンパクトデジタル
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

六義園

都内の紅葉も、そろそろ終わりに近づいてきました。
紅葉のライトアップも始まったので、1週間ほど前に、駒込の六義園に紅葉を見に出かけました。が、その日は雲が広まってしまい、撮影をしても、紅葉が映えません。
お昼を食べながら、雲の切れるの待ってはいたのですが、あきらめて、帰宅しています。
そこで、今日は、お天気が良いので、出かけてきました。リベンジといったところです。
普段の日ですので、あまり混み合ってはいませんでした。
紅葉は、終わりに近かったですが、1週間前に比べると、色付きが良くなっていました。
散ってしまった木もありますが、最後の紅葉に間に合ったみたいです。

171206001.jpg

171206002.jpg

171206003.jpg

171206004.jpg

171206005.jpg

171206006.jpg

171206007.jpg

171206008.jpg

171206009.jpg

171206010.jpg

171206011.jpg

171206012.jpg

171206013.jpg

171206014.jpg

171206015.jpg
  1. 2017/12/06(水) 23:21:30|
  2. デジタル一眼レフ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
前のページ 次のページ

プロフィール

Dora

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する